中国貿易の種類は細かい設定がなされており、それぞれに対応した呼称があります。

ここで注目したいのは次の「個人輸入」という最近よく耳にする貿易・輸入方法です。
最近はインターネットを通じて海外の製品などを購入できるというサイトも
多くなってきました。

ただしここで気をつけなくてはならないのは、個人輸入をしている場合には
自分での消費が目的だという点です。

個人輸入をした商品を他の人へ売ってはいけないという法律があるため、
他の人への販売は禁止されています。

また個人輸入をした場合にも税金などは発生するので、気をつけて行わなくてはならない
貿易の方法となっています。

特に必要としないものであれば、個人輸入は避けたほうが安全です。

その他、日本の法律に禁止されている物を輸入すると処罰されますのでお気をつけ下さい。